札幌の光回線・通信・電気・電話・設備・LAN工事なら株式会社コーセイへ。ホームページ制作も行なっております。

一般事業主行動計画

<一般事業主行動計画の公表について>

株式会社コーセイは、次世代育成支援対策推進法および女性活躍推進法に基づき、「一般事業主行動計画」を公表いたします。

<一般事業主行動計画とは>

企業が従業員の仕事と子育ての両立や女性が活躍できる働きやすい職場環境の構築を図ることを目的として、雇用環境や子育てをしていない従業員も対象とする多様な労働条件の整備などに取り組むにあたり、次世代育成支援や女性活躍に関する下記項目について定めた計画です。

1. 計画期間

2. 目標

3. 取組内容

<次世代育成対策推進法に基づく行動計画>

社員が仕事と生活を調和させ、能力を最大限に発揮できる雇用環境を整備するため、以下の行動計画を策定する。

1. 計画期間 平成30年12月1日から平成32年11月30日までの2年間

2. 内容

目標1
育児や介護、その他仕事と生活の両立に関する諸制度の周知を行う。

<取組内容>

(1)社内掲示板や社内イントラネット、社内説明会などで、育児・介護休業等の諸制度や利用手順についての周知を行う。

目標2
育児休業から復帰した社員に対してのサポートを行い、不安解消・キャリア育成に努める。

<取組内容>

(1)育児休業中の社員に、情報提供(社内報や全社掲示板の情報送付等)を行う。
(2)育児休業復職前後に面談を行う。
(3)育児の都合に応じて、勤務時間を短縮することで、仕事と育児の両立を図る。

目標3
社員のワークライフバランスの支援として、育児・介護休業の取得促進をはじめ、長時間労働の削減、有給休暇取得促進に努め、心身の健康を促進する。

<取組内容>

(1)業務の効率化を図ると共に、1人に仕事が偏ることなく、担当業務の平準化を行う。
(2)ノー残業デー、強制退勤制などの設定により長時間労働の削減を図る。
(3)計画的に有給休暇を設定するよう定期的に周知し、取得を促進する。

<女性活躍推進法に基づく行動計画>

女性が職業生活において、その希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するため、以下の行動計画を策定する。

1. 計画期間 平成30年12月1日から平成32年11月30日まで2年間

2. 課題(平成30年12月1日時点)

≪課題1≫

女性の応募者数が少なく、結果的に女性の採用者数が少ない。
直近10年間に採用した正社員の内、女性比率は20%に留まる。

≪課題2≫

女性管理職がいない。

3. 目標と取組内容・実施時期

目標1
採用者の女性比率30%以上を目指す。

<取組内容>

(1)女性採用担当者を配置し、女性応募者と女性目線でキャリアプラン、ワークライフバランスなどについて対話できる場を設ける。(平成30年12月~)
(2)採用活動における会社説明時に、女性社員が参加し、女性応募者が質問しやすい環境を作り、入社後、女性が活躍できる会社であることを知る機会を設ける。(30年12月~)

目標2
女性社員の成長機会の拡大

<取組内容>

(1)保有能力を発揮できる配属とローテーションを活性化する。(平成30年12月~)
(2)総務本部内に担当者を配置し、結婚、妊娠、出産、育児および介護などの事由による休業中の社員に対するコンタクトスケジュールを策定し、それに基づいた復職サポートを行う。

目標3
女性管理職候補者の育成

<取組内容>

(1)キャリアプランに関する意識調査を実施する。(平成30年12月~、定期的に実施)
(2)女性活躍に向けた課題と進捗を総務本部と各部門の管理職が共有する。
(3)総務本部と各部門の管理職が連携し、女性社員に対するフォローアップを行う。

<情報公表(平成31年1月31日現在)>

・正社員における男女比率 男性77.3%:女性22.7%
・正社員における男女の平均勤続年数 男性8.7年:女性2.3年
・女性社員の育児休業取得率 100%